コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人工爪(スカルプチュアネイル) じんこうづめすかるぷちゅあねいる

家庭医学館の解説

じんこうづめすかるぷちゅあねいる【人工爪(スカルプチュアネイル)】

 アメリカでは、かなり以前から、爪を長く見せるための人工爪(自分の爪の上にネイルリキッドとネイルパウダーを混合し、アクリル樹脂を貼(は)りつけてつくる)や、その上に絵を描くネイルアート、美爪術(びそうじゅつ)(マニキュア)が流行しています。日本でもネイルサロンがたくさんでき、同様のことが行なわれるようになってきました。
 医療上では、アクリル樹脂製の人工爪をつくり、ギプスがわりに使用して、陥入爪(かんにゅうそう)、巻き爪、軽い鈎彎爪(こうわんそう)を簡単に治療する方法が、日本で考案されています。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android