コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人工爪(スカルプチュアネイル) じんこうづめすかるぷちゅあねいる

1件 の用語解説(人工爪(スカルプチュアネイル)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

じんこうづめすかるぷちゅあねいる【人工爪(スカルプチュアネイル)】

 アメリカでは、かなり以前から、爪を長く見せるための人工爪(自分の爪の上にネイルリキッドとネイルパウダーを混合し、アクリル樹脂を貼(は)りつけてつくる)や、その上に絵を描くネイルアート、美爪術(びそうじゅつ)(マニキュア)が流行しています。日本でもネイルサロンがたくさんでき、同様のことが行なわれるようになってきました。
 医療上では、アクリル樹脂製の人工爪をつくり、ギプスがわりに使用して、陥入爪(かんにゅうそう)、巻き爪、軽い鈎彎爪(こうわんそう)を簡単に治療する方法が、日本で考案されています。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

人工爪(スカルプチュアネイル)の関連キーワードアングロアメリカ北アメリカアメリカ杉アメリカナイズアメリカ撫子アメリカンアメリカンチェリーアメリカ白灯蛾アメリカ梯姑アメリカン・スタッグハウンド

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone