コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人工腟 じんこうちつartificial vagina

世界大百科事典 第2版の解説

じんこうちつ【人工腟 artificial vagina】

家畜の人工授精を行うときに,種雄畜から精液を衛生的かつ多量に採取する目的で考案された器具。術者が手に持つ横取用と擬雌台に装着して用いる擬雌台用がある。人工腟は陰茎を導入して射精させるもので,家畜種により大きさならびに多少のくふうが施してあるが原理はいずれも同じである(図)。硬質ゴムまたはプラスチックの外筒の内側に,脱着可能なゴムの内筒(A)を装着して,両者の間隙に40℃前後の温湯を人工腟容積の70~80%入れ,さらに空気を入れて陰茎挿入時に圧迫感を与えるようにする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android