コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人目の関 ヒトメノセキ

デジタル大辞泉の解説

ひとめ‐の‐せき【人目の関】

《関所のように人を容易に通さない意から》人目がはばかられて思うままにできないこと。
「―を離れし場所にて誰憚らず嬉しき御情を戴き度」〈魯庵社会百面相

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

人目の関の関連情報