人礫(読み)ひとつぶて

精選版 日本国語大辞典「人礫」の解説

ひと‐つぶて【人礫】

〙 人を手で持ち上げて小石のように軽々と投げること。
太平記(14C後)三三「金乗を取て中に差上げたれ、人飛礫(ヒトツブテ)までは、さすが叶はず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「人礫」の解説

ひと‐つぶて【人×礫】

人を小石のように軽々と投げること。
にさしあげたれども、―に打つまではさすがかなはず」〈太平記・三三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android