人間は生まれながらにして自由である(読み)にんげんはうまれながらにしてじゆうである

旺文社世界史事典 三訂版 の解説

人間は生まれながらにして自由である
にんげんはうまれながらにしてじゆうである

フランスの思想家ルソーの『社会契約論』の冒頭言葉
「しかし今やいたるところで鎖につながれている」と続く。人間は生きるためにみずからの権利を共同体全体に完全に譲渡した。しかし,人民自身が主権者であって,法の根源は主権者にあると説く。フランス革命に大きな影響を与えた。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android