人間到る処青山あり(読み)にんげんいたるところせいざんあり

精選版 日本国語大辞典の解説

にんげん【人間】 到(いた)る処(ところ)青山(せいざん)あり

世の中のどこで死んでも、骨を埋める場所ぐらいはある。故郷だけが墳墓の地ではないのだから、大望を達するために郷里を出て大いに活動すべきである。
※清狂遺稿(1892)〈釈月性〉上・将東遊題壁詩「埋骨何期墳墓地、人間到処有青山

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

商業施設

商業を目的とした施設。特に、デパートやショッピングセンターなど、比較的大型の小売店をさす。→複合商業施設...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android