大望(読み)タイモウ

精選版 日本国語大辞典の解説

たい‐ぼう ‥バウ【大望】

〘名〙 =たいもう(大望)〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※太平記(14C後)二〇「官軍北国に落行き、主上京都に還幸成しかば、大望(バウ)一一に相違して」

たい‐もう ‥マウ【大望】

〘名〙 (「もう」は「望」の呉音) 大きなのぞみ。野心。たいぼう。〔文明本節用集(室町中)〕
※内地雑居未来之夢(1886)〈坪内逍遙〉七「君の大望(タイモウ)は壮なりといへども、所謂根拠なき理論にして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報