遺稿(読み)いこう

精選版 日本国語大辞典「遺稿」の解説

い‐こう ヰカウ【遺稿】

〘名〙 発表されないまま死後に残された原稿
※羅山先生文集(1662)五〇・五山文編「偶見本朝詩人文人及五山禅林之稿」 〔史‐欧陽修伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「遺稿」の解説

【遺稿】いこう(ゐかう)

残された故人の詩文。宋・文正公文集の序〕に其の季孺と、徐に同僚たり。~稿を以て、序を爲(つく)ることを屬(しよく)せらる。

字通「遺」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android