人馬宮(読み)ジンバキュウ

大辞林 第三版の解説

じんばきゅう【人馬宮】

黄道十二宮の第九宮。かつては射手いて座に相当していたが、現在は歳差のため西方にずれている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じんば‐きゅう【人馬宮】

黄道十二宮の第九位。黄経二四〇度から二七〇度。歳差によって、現在は射手座からさそり座に移っている。射手宮。〔遠西観象図説(1823)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる