コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

射手座(読み)イテザ

占い用語集の解説

射手座

二区分は男性星座。三区分は柔軟星座。四区分火のエレメント。支配星は木星。身体の象徴部位は上脚・肝臓。射手座の人は、理想家で楽天的な気質がある。高い向学心を持ち、自由を何よりも大切にする。哲学的であり国際的な視野から大枠で物事を捉える。迷いやすく、好奇心旺盛の為にやったらやりっぱなしになる一面もある。

出典 占い学校 アカデメイア・カレッジ占い用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

いてざ【射手座】

黄道十二星座の一。9月上旬の宵、真南を通過する星座。かつては「人馬宮」に相当した。銀河系の中心はこの方向にあたり、星雲・星団・変光星に富む。中央部のひしゃく形に並ぶ六星を中国では南斗六星と呼ぶ。現在、冬至点がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android