コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今年の漢字 ことしのかんじ

知恵蔵miniの解説

今年の漢字

その年の世相を端的に表す漢字一文字のこと。また、それを決定・発表する財団法人日本漢字能力検定協会のキャンペーン企画の名称。一般公募された中で最も応募の多かった文字が「今年の漢字」として選定され、原則12月12日の「漢字の日」に、京都市清水寺貫主の森清範により巨大な和紙に書される。1995年より12年現在まで毎年行われている。おもな選出漢字は、95年「震」(阪神淡路大震災地下鉄サリン事件など)、97年「倒」(相次ぐ大型倒産)、99年「末」(世紀末)、2001年「戦」(米国同時多発テロ)、04年「災」(連発した自然災害)、08年「変」(オバマ大統領の誕生など)、11年「絆」(東日本大震災)、12年「金」(ロンドン五輪など)など。

(2012-12-17)

出典|朝日新聞出版知恵蔵miniについて | 情報

今年の漢字の関連キーワード日本漢字能力検定協会2009年の世相漢検

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

今年の漢字の関連情報