今村夏子(読み)いまむら なつこ

知恵蔵miniの解説

今村夏子

小説家。1980年、広島県生まれ。2010年、「あたらしい娘」(後に「こちらあみ子」に改題)で第26回太宰治賞を受賞しデビュー。11年に同作品を収めた単行本『こちらあみ子』で第24回三島由紀夫賞を受賞した。その後、17年に『あひる』で第5回河合隼雄物語賞を、『星の子』で第39回野間文芸新人賞をそれぞれ受賞。19年には『むらさきスカートの女』で第161回芥川賞を受賞し、ありふれた日常に潜む闇を平易な文章で描き出す作風で注目を集めた。この他の主な著書に『父と私の桜尾通り商店街』などがある。

(2019-7-23)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

今村夏子の関連情報