三島由紀夫賞(読み)みしまゆきおしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三島由紀夫賞
みしまゆきおしょう

新潮社がそれまでの「日本文学大賞」に代えて,山本周五郎賞とともに,1988年に新しく設けた文学賞純文学大衆文学の区別を取払い,三島賞は「文学の前途を拓く新鋭の作品」に,山本賞は「すぐれた物語性を有する新しい文芸作品」に,それぞれ年1回与えられる。三島賞の第1回の受賞作は,高橋源一郎の『優雅で感傷的な日本野球』であった。また,山本賞は1回目の受賞作が選考委員の1人であった山田太一の『異人たちとの夏』であったため話題になった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

三島由紀夫賞

新潮文芸振興会が、小説家三島由紀夫の功績を記念して創設した文学賞。小説・評論・詩歌戯曲を対象とし、受賞作は雑誌「新潮」に掲載される。1988年発表の第1回受賞作は、高橋源一郎「優雅で感傷的な日本野球」。歴代の受賞者には、堀江敏幸、東浩紀、本谷有希子などがいる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三島由紀夫賞の関連情報