コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仏蓮 ぶつれん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

仏蓮 ぶつれん

?-? 「法華験記(ほっけげんき)」にみえる僧。
真言宗。京都安祥寺にすみ,つねに法華経をとなえた。のち越後(えちご)(新潟県)国上(こくじょう)寺にうつり,法華経に説く十羅刹女(じゅうらせつめ)が変じたふたりの童子に世話をされたという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

仏蓮の関連キーワード法華験記蔵田 蔵単誉称瑞真言宗彫金念無

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android