コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十羅刹女 じゅうらせつにょ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十羅刹女
じゅうらせつにょ

法華経』陀羅尼品 (だらにほん) に説く,同経を守護する 10人の鬼神。像容は天女形で,忿怒形に描かれることはない。装束唐風,和風の2様があり,持物は必ずしも一定しない。『平家納経』『扇面法華経冊子』のように,『法華経』の見返し絵や表紙に描かれるほか,『普賢十羅刹女図』として白象に乗った普賢菩薩に伴って描かれることも多い (盧山寺本,日野原家本) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じゅう‐らせつにょ〔ジフ‐〕【十羅刹女】

法華経に説かれる10人の羅刹女。初め、人の精気を奪う鬼女であったが、のちに鬼子母神らとともに仏の説法に接し、法華行者を守る神女となった。藍婆(らんば)・毘藍婆(びらんば)・曲歯(こくし)・華歯(けし)・黒歯・多髪・無厭足(むえんぞく)・持瓔珞(じようらく)・皐諦(こうたい)・奪一切衆生精気。十羅刹

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅうらせつにょ【十羅刹女】

「法華経陀羅尼品」に説く一〇人の鬼女。のちに、仏法に接し、鬼子母神らとともに、「法華経」を持する者の守護を誓ったという。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の十羅刹女の言及

【鬼子母神】より

…その形像は,天女像で,左手で懐に一子を抱き,右手に吉祥果(きつしようか)(ザクロが多い)をもつ端麗豊満な姿態。いっぽう,《法華経》には,十羅刹女(じゆうらせつによ)とともに鬼子母が,法華信奉者の擁護と法華信仰弘通を妨げる者の処罰とを誓っている。日蓮はこれにもとづき文字で表現した曼荼羅本尊に鬼子母神の号を連ね,鬼子母と十羅刹女に母子の関係を設定している。…

※「十羅刹女」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

十羅刹女の関連キーワード法華経美術鳥取(市)扇面古写経浜松(市)三ヶ日仏法仏蓮眷属

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

十羅刹女の関連情報