仕拵・為拵(読み)しこしらう

精選版 日本国語大辞典の解説

し‐こしら・う ‥こしらふ【仕拵・為拵】

〘他ハ下二〙 作りあげる。したてあげる。また、したくをする。準備する。
※玉塵抄(1563)一「大な竹を切てよをこめてつつにしこしらえて酒をもるぞ」

し‐こしらえ ‥こしらへ【仕拵・為拵】

〘名〙 (「しごしらえ」とも) したく。食事や結婚などの準備。
※歌舞伎・傾城壬生大念仏(1702)中「朝晩のしごしらへも、わしがして上ますも」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android