コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仕立屋銀次 したてや ぎんじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

仕立屋銀次 したてや-ぎんじ

1866-? 明治時代のすりの親分。
慶応2年生まれ。東京日本橋の仕立屋に奉公し,21歳ごろに独立。すり親分の娘を内妻にしたため,明治33年その跡目をつぎ,仕立屋銀次を名のる。子分250人といわれたが,42年逮捕された。大正8年出所したが再検挙され,没年は不詳。江戸出身。本名は富田銀蔵

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の仕立屋銀次の言及

【すり(掏摸)】より

…幕府はすりを〈軽き盗〉〈小盗〉などと呼び,通常は敲(たたき)の刑に処したが,盗んだ額が10両以上の場合は死罪を行った。明治になって〈仕立屋銀次〉などの大親分が出現した。彼は1909年に逮捕されるまでは東京下谷に邸宅を構え,専用の人力車と車夫をもち,自宅近くに60戸もの家を建てて子分たちを住まわせていた。…

※「仕立屋銀次」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

仕立屋銀次の関連キーワード伊藤 隆大

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android