コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

跡目 アトメ

3件 の用語解説(跡目の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あと‐め【跡目】

家長としての身分。家督。「跡目を継ぐ」
家督を継ぐこと。また、その人。跡取り。跡継ぎ。「跡目を立てる」
先代の地位を継ぐこと。また、その地位。その地位を継ぐ人。後継者。「派閥の跡目を争う」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

あとめ【跡目】

中世においては,遺産のことを跡職(跡式)(あとしき)と称したが,近世には跡目という語も用いられた。相続の対象となる遺産だけでなく,その相続者をも跡目と呼ぶこともある(たとえば,〈跡目が絶える〉〈跡目を立てる〉など)。江戸幕府の武家相続法では,死亡による相続を跡目(万石以上の場合は遺領という)相続,隠居による相続を家督相続と呼んで区別している。【大藤 修】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

あとめ【跡目】

相続の対象となる家督や財産。また、それを相続する人。あとしき。あとつぎ。 「 -を継ぐ」 「 -を立てる」
前任者が退いて、代わってつく地位。また、それを受け継ぐ人。後任。後継者。後釜あとがま

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

跡目の関連キーワード小路複合遺産跡式言残す老いては驎騏も駑馬に劣るモニタ累積投資エムビーエー(MBA)出願人アラビア科学

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

跡目の関連情報