コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

跡目 アトメ

デジタル大辞泉の解説

あと‐め【跡目】

家長としての身分。家督。「跡目を継ぐ」
家督を継ぐこと。また、その人。跡取り。跡継ぎ。「跡目を立てる」
先代の地位を継ぐこと。また、その地位。その地位を継ぐ人。後継者。「派閥の跡目を争う」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

あとめ【跡目】

中世においては,遺産のことを跡職(跡式)(あとしき)と称したが,近世には跡目という語も用いられた。相続の対象となる遺産だけでなく,その相続者をも跡目と呼ぶこともある(たとえば,〈跡目が絶える〉〈跡目を立てる〉など)。江戸幕府の武家相続法では,死亡による相続を跡目(万石以上の場合は遺領という)相続,隠居による相続を家督相続と呼んで区別している。【大藤 修】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

あとめ【跡目】

相続の対象となる家督や財産。また、それを相続する人。あとしき。あとつぎ。 「 -を継ぐ」 「 -を立てる」
前任者が退いて、代わってつく地位。また、それを受け継ぐ人。後任。後継者。後釜あとがま

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

跡目の関連キーワード金平本・公平本さてもその後仕立屋 銀次本因坊策元石本幸八郎本因坊秀策跡式・跡職ふたがしら本因坊丈策本因坊烈元本因坊元丈本因坊知伯井上播磨掾本因坊道的仕立屋銀次本因坊伯元足利義栄松田芳子延び延び世を渡す

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

跡目の関連情報