刑事(読み)けいじ

世界大百科事典 第2版の解説

けいじ【刑事】

私服で刑事事件の捜査を専門に行う刑事捜査官の通称。第一線の実務経験ある巡査から選抜される。捜査活動においては,警部あるいは警部補を長とする班が編成され,刑事が2人1組で行動するのがふつうである。刑事の質的向上を図るため,管区警察学校が中堅捜査幹部の教育訓練を行っている。ほかに,捜査の機動力強化のための機動捜査隊もある。【神長 勲】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

けいじ【刑事】

犯罪の捜査や犯人の逮捕を任務とする警察官の通称。私服で勤務することが多い。法律上の職名ではなく、警察職員としての身分は巡査または巡査部長。 「ベテラン-」
刑法その他の刑罰法規の適用を受けるべき事柄。 ⇔ 民事

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

刑事
けいじ

犯罪と刑罰に関する法規、手続、制度などに冠することばで、民事の対語。一般に、刑事事件、刑事責任、刑事警察などのように用いられる。また、刑事警察を任務とする警察官のうち、私服の捜査員の通称としても用いられ、そのうち巡査を刑事(デカ)、巡査部長を部長刑事(デカ長)などという。ほかに、覚醒(かくせい)剤や少年犯罪を担当する保安部門などにも私服で勤務する捜査員がいる。
 刑事捜査官は、警察学校を卒業して第一線の警察署で実務経験を積んだ者のなかから、資質・能力の優れた者を選考し、府県警察学校・管区警察学校で教育訓練を受ける。刑事は通常2人1組で捜査活動を行うが、犯罪の内容により、殺人・強盗事件を担当する強行犯係、泥棒・すりを捜査する盗犯係、詐欺・汚職事件捜査を行う知能犯係、人質・誘拐事件担当の特殊犯係などに分けられる。このほか、犯罪の広域化、スピード化に対処するため、1962年(昭和37)以降、全国に機動捜査隊が設けられ、犯罪発生時に機動力を駆使した初動捜査を行っている。[廣畑史朗]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

けい‐じ【刑事】

〘名〙
① 刑罰法規の適用に関すること。⇔民事
※良人の自白(1904‐06)〈木下尚江〉前「刑事だの、民事だの人事だのと分類して云ひますが」
② 私服で犯罪の捜査や犯人の逮捕などにあたる刑事係巡査の通称。一般には刑事係巡査部長を含めての通称として用いる場合が多い。デカ。刑事係。刑事巡査
※国民新聞‐明治三九年(1906)二月九日「本郷警察署の刑事四人」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

刑事の関連情報