コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

他事無し タジナシ

デジタル大辞泉の解説

たじ‐な・し【他事無し】

[形ク]
一つのことに専念して他のことを顧みない。余念がない。
「ただ囲碁(いご)を打つほかは、―・し」〈宇治拾遺・一二〉
気遣いがいらない。うちとけている。
「この五人は我らが仲間―・う話し明かす仲」〈浄・博多小女郎

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たじなし【他事無し】

( 形ク )
他の事を顧みない。余念がない。 「ただ囲碁を打つほかは-・し/宇治拾遺 12
警戒やたくらみなどがない。うちとけている。 「其の駕籠是へと-・き風情/浄瑠璃・夕霧阿波鳴渡

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

他事無しの関連キーワード夕霧阿波鳴渡

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android