コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

付かず離れず ツカズハナレズ

デジタル大辞泉の解説

付(つ)かず離(はな)れず

近づきすぎず、そうかといって離れもしないで、一定距離を保ちながら関係を続けるさま。また、中立的な態度をとるさま。不即不離。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つかずはなれず【付かず離れず】

つかずはなれず【付かず離れず】

〔「即かず離れず」とも書く〕
深くかかわることはしないが、また離れすぎもしない、ほどよい距離を保つ。中立的な立場で物事に対するさま。不即不離ふそくふり

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

付かず離れずの関連キーワード付く・附く・憑く・点く

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

付かず離れずの関連情報