コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仙渓僧才 せんけい そうさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

仙渓僧才 せんけい-そうさい

?-? 戦国時代の画僧。
臨済(りんざい)宗。指月僧胝(しげつ-そうてい)の法をつぐ。天文(てんぶん)20年(1551)ごろ師の肖像画をえがき,建長寺の雲英祖台が賛をかいた。この像は鎌倉明月院につたえられた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

仙渓僧才の関連キーワード戦国時代臨済画僧