コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

代待ち ダイマチ

デジタル大辞泉の解説

だい‐まち【代待ち】

日待ち・月待ち・庚申(こうしん)待ちなどに、他人に代わって社寺に参詣すること。また、その人。笠に筆、腰に矢立をさし、依頼者の氏名・年齢などを書き留めた。代参り
「十七夜―の通りしに、十二灯を包みて」〈浮・五人女・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

だいまち【代待ち】

日待ち・月待ち・庚申待ちなどに、米や銭をもらい、その人に代わって神仏に祈る行を勤める者。願人坊主の類。代参り。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

代待ちの関連キーワード願人坊主庚申待ち日待ち