コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

企業年金制度 キギョウネンキンセイド

1件 の用語解説(企業年金制度の意味・用語解説を検索)

人事労務用語辞典の解説

企業年金制度

企業が、従業員のより豊かな老後生活に備えるために導入する私的年金制度のこと。国が管理する公的年金の補完として位置づけられ、高齢化の進展とともにその役割はますます重要になっています。企業年金は元来、退職給付の一形態であり、退職一時金(いわゆる退職金)の分割払いという側面もあるため、基本的に企業側が年金の原資となる掛け金を負担し、管理・運営・給付を行います。
(2010/2/1掲載)

出典|『日本の人事部』
Copyright © 2004- 2009 iQ. Co., Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

企業年金制度の関連キーワード中小企業従業員持ち株制度従業員組合ハッピーリタイアメント期間従業員個人保障従業員満足(ES)転進支援制度事業継続計画(BCP)従業員持ち株会とみなし配当

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

企業年金制度の関連情報