コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

企業買収 キギョウバイシュウ

デジタル大辞泉の解説

きぎょう‐ばいしゅう〔キゲフバイシウ〕【企業買収】

企業統合の方法の一。買収元企業が、買収先企業の株式を現金または株式交換により取得し、一定割合以上を保有することで、買収先企業支配権を得る。議決権を有する株式の2分の1超を得ると、普通決議(役員の選任等)の賛否が自由に決められ、3分の2超を得ると、特別決議定款変更等)の賛否も含めて、完全に支配権が得られる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きぎょうばいしゅう【企業買収】

企業が他の企業の全体もしくは部門を買収すること。 → M&A ( ABC 略語)

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

企業買収の関連キーワードEBO(エンプロイー・バイアウト)アンチテークオーバービルゴールデン・パラシュートインベストメントバンクマネジメントバイアウトフリーキャッシュフローレバレッジドバイアウトエクソン・フリオ条項ロナルド・ペレルマンワールドコム[会社]対米外国投資委員会デューデリジェンスインカムアプローチ議決権行使助言会社バイアウトファンドコングロマリットM&Aブティック投資型ファンドパーチェス法インアウト型

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

企業買収の関連情報