企業買収(読み)キギョウバイシュウ

デジタル大辞泉の解説

きぎょう‐ばいしゅう〔キゲフバイシウ〕【企業買収】

企業統合の方法の一。買収元企業が、買収先企業の株式を現金または株式交換により取得し、一定割合以上を保有することで、買収先企業支配権を得る。議決権を有する株式の2分の1超を得ると、普通決議(役員の選任等)の賛否が自由に決められ、3分の2超を得ると、特別決議定款変更等)の賛否も含めて、完全に支配権が得られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アノミー

もとは「神法の無視」「無規則性」を意味するギリシア語の anomiaが語源であるが,フランスの社会学者 É.デュルケムが,近代に移行する過程で,それまで人間の行為を規制してきた伝統的価値や,社会的規準...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

企業買収の関連情報