コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊勢王 いせのおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊勢王 いせのおう

?-? 飛鳥(あすか)時代の官吏。
天武天皇12年(683)から天皇の命で全国を巡行し,翌年諸国境界をさだめる。15年天皇の病気平癒をはかるため飛鳥寺につかわされる。持統天皇2年天武天皇の葬送の儀を宣した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

伊勢王

生年:生没年不詳
7世紀後半の皇親。天武12(683)年工匠らと共に巡行して諸国の境界を分けた。時に諸王五位。朱鳥1(686)年1月天武天皇の質問によく答えて御衣,袴などを賜った。同年6月天皇の病気治癒誓願のを飛鳥寺で衆僧に伝え,9月その死に際し徳をたたえて弔詞を述べ,持統2(688)年葬送の儀を宣した。同名の伊勢王は他にふたりいるが関係は不詳。

(岩本次郎)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

伊勢王の関連キーワード羽田八国中臣大嶋多品治あすか生年官吏

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android