コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊呂波組町火消し イロハグミマチビケシ

デジタル大辞泉の解説

いろはぐみ‐まちびけし【×伊呂波組町火消し】

江戸時代、享保年間(1716~1736)に町奉行大岡忠相(ただすけ)が江戸市中に設けた町火消し。いろは48文字から「へ・ら・ひ・京」を除き、代わりに「百・千・万・本」を加えて、それぞれの文字を名に付けた48組に分けた。→定(じょう)火消し大名火消し

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いろはぐみまちびけし【伊呂波組町火消し】

江戸時代、江戸市中の消防のため設置された町火消し。「いろは歌」の文字のうち、「へ」「ひ」「ら」「ん」の代わりに「百」「千」「万」「本」の文字を使った四八文字で、「い組」「め組」などと分けた。享保年間(1716~1736)に完成。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

伊呂波組町火消しの関連キーワード江戸時代いろは歌

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android