コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大名火消し ダイミョウヒケシ

デジタル大辞泉の解説

だいみょう‐ひけし〔ダイミヤウ‐〕【大名火消し】

江戸時代、幕府から火消し役を命じられた大名所管の消防団。江戸城や寛永寺増上寺など市内の要所の防火に当たり、衣装の美を競い、家名を惜しんで勇敢に働いた。→定(じょう)火消し町火消し

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

だいみょうひけし【大名火消し】

江戸時代、大名に対する課役として、出火の際江戸の藩邸から出動することを義務づけられた火消し。明暦の大火以後整備された。 → じよう火消し ・ まち火消し

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

大名火消しの関連キーワード伊呂波組町火消し盲長屋梅加賀鳶方角火消し新門辰五郎火事羽織定火消し火消し課役

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android