大名火消し(読み)ダイミョウヒケシ

大辞林 第三版の解説

だいみょうひけし【大名火消し】

江戸時代、大名に対する課役として、出火の際江戸の藩邸から出動することを義務づけられた火消し。明暦の大火以後整備された。 → じよう火消し ・まち火消し

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android