コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大岡忠相 おおおかただすけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大岡忠相
おおおかただすけ

[生]延宝5(1677).江戸
[没]宝暦1(1751).12.19.江戸
江戸時代中期の江戸町奉行として有名。大岡忠高の子。大岡忠真の養子となり,元禄 13 (1700) 年寄合,その後山田奉行。山田奉行時代,紀伊領と関係のあった問題を紀州藩に気がねせずに解決して,徳川吉宗に認められ,後年,吉宗が将軍に就任したとき江戸町奉行に抜擢されたといわれる。忠相は江戸南町奉行の職にあって越前守と称せられ,その事績と活躍ぶりは「大岡政談」となって世に親しまれている。享保9 (1724) 年の札差仲間官許とその取り締まり,同 14年の古借利金引下令による騒動の解決,罪刑の連座制廃止や拷問の軽減などを行なったが,一般的には刑罰を軽くしたことで江戸庶民のアイドルとして慕われたことは否定できない。町奉行を 20年間つとめ,元文1 (1736) 年 60歳で寺社奉行となり,江戸城雁間の末席に加えられて大名並みの待遇を受けた。寛延1 (1748) 年にはそれまでの領地に合せて三河国に 4080石の加増を受け,1万石の大名に列せられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

大岡忠相【おおおかただすけ】

江戸中期の幕臣。伊勢の山田奉行在任中,徳川吉宗に認められ,1717年町奉行となり越前守を称す。1736年寺社奉行に転じるまで同職にあり(1722年からは関東地方御用掛を兼帯),元文の貨幣改鋳(元文金銀),物価安定のための流通界の組織化,町火消47組の創設,小石川養生所の開設など享保改革市政面に活躍,名奉行とうたわれる。
→関連項目青木昆陽天一坊遠山金四郎

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大岡忠相 おおおか-ただすけ

1677-1752* 江戸時代前期-中期の武士,大名。
延宝5年生まれ。大岡忠高の4男。享保(きょうほう)2年8代将軍徳川吉宗によって江戸町奉行にとりたてられ越前守(えちぜんのかみ)と称した。公正な裁判,物価の安定,町火消の結成,小石川養生所の設立などに力をそそぎ名奉行といわれた。のち寺社奉行。寛延元年奏者番をかね,加増されて三河(愛知県)西大平藩主となった。1万石。宝暦元年12月19日死去。75歳。通称は市十郎,忠右衛門。
【格言など】下情に通じざれば裁きは曲がる(「甲子(かっし)夜話」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

大岡忠相

没年:宝暦1.12.19(1752.2.3)
生年:延宝5(1677)
江戸中期,享保改革期の幕臣,大名。幼名は求馬,のち市十郎,忠右衛門。一族は三河国(愛知県)八名郡の出で,徳川氏三河以来の譜代。旗本大岡忠高の4男で,貞享3(1686)年同族大岡忠真の養子となる。元禄13(1700)年養父の1920石を継ぎ,その後書院番,御徒頭,御使番,御目付を歴任。正徳2(1712)年に伊勢国度会郡に置かれた幕府遠国奉行のひとつである山田奉行となり従五位下能登守に叙せられる。享保1(1716)年普請奉行。翌2年将軍徳川吉宗により町奉行に登用され越前守と改め,町火消の「いろは組」の結成,屋根の瓦葺化,火除地の設定など防火体制の整備,私娼の取り締まりなど風紀の粛正,小石川養生所の設置など医療施設の整備,米価引き上げや物価引き下げなどの物価政策,金銀相場の安定化のための貨幣改鋳など,さまざまな施策を行った。 また,同7年,関東地方御用掛を兼務,延享2(1745)年まで関東地域の新田育成や治水事業を担当した。田中善古,蓑正高,川崎定孝ら地方巧者らを率い,本来の農政担当機関である勘定所と対立,競合しつつ武蔵野新田を中心に関東各地で農政を展開した。この影響で,享保改革末期に勘定所の体制はかなり強化される。さらにこの間元文1(1736)年寺社奉行,寛延1(1748)年奏者番を兼ね,たびたびの加増により計1万石の大名となり,三河国額田郡西大平(岡崎市)を居所とした。有名な「大岡政談」は,多くが中国や日本の説話を取り入れたもの。宝暦年間(1751~64)ごろから講釈師が世話講談として脚色し,急速に広まっていった。これは享保改革期の後半以降,機構整備を背景に,年貢増徴に邁進する勘定所,代官に対し,町奉行として市民生活の安定化に努め,また地方御用掛として必ずしも勘定所,代官らにくみさなかった忠相に,庶民がさまざまな思いを託したことによると思われる。<参考文献>辻達也『大岡越前守』,大石慎三郎『大岡越前守忠相』,大石学「大岡越前守支配代官と勘定所機構の改革」(『関東近世史研究』11号)

(大石学)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

江戸・東京人物辞典の解説

大岡忠相

1677〜1751(延宝5〜宝暦元)【町奉行】享保の改革を支え、名判官といわれた町奉行で、一万石の大名へ出世。 幕臣。書院番から目付、山田奉行、普請奉行などをへて、将軍吉宗により1717年、江戸南町奉行に登用された。町火消制度の開始、小石川養生所や目安箱の創設をはじめ、商人の仲間・組合を公認するなど、享保の改革を実務で支えた。後、武蔵野新田開発にもあたり、寺社奉行をへて48年三河国西大平藩一万石の大名となり、越前守に任ぜられた。

出典|財団法人まちみらい千代田江戸・東京人物辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おおおかただすけ【大岡忠相】

1677‐1751(延宝5‐宝暦1)
江戸中期の幕臣,政治家。幼名は求馬,のち市十郎,忠右衛門。先祖は徳川氏三河以来の譜代。忠高の第4子。1686年(貞享3)同姓の忠真の養子となる。93年(元禄6)実兄八丈島流罪,96年一族の忠英(書院番)が番頭を殺害してみずからも死ぬという事件が起き,彼の一族とともに連座するという不幸にあうが,以降は順調であった。すなわち1700年に養父の遺跡1920石を継ぎ,02年書院番,04年(宝永1)徒頭,07年使番,08年目付を経て12年(正徳2)山田奉行となり,従五位下能登守となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

おおおかただすけ【大岡忠相】

1677~1751) 江戸中期の幕臣。八代将軍徳川吉宗に抜擢されて江戸町奉行となり、越前守と称す。公正な裁判とすぐれた市政で知られた。のち、三河西大平の大名となった。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大岡忠相
おおおかただすけ
(1677―1751)

江戸中期の幕府行政官。幼名求馬(もとめ)、のち市十郎、忠右衛門。旗本大岡忠高(2700石)の四男、同族忠真(ただざね)(1920石)の養子となる。1702年(元禄15)書院番士に任ぜられ、順調に昇進して12年(正徳2)山田奉行(ぶぎょう)となり、従(じゅ)五位下能登守(のとのかみ)に叙任。俗説ではここで当時の紀州藩主、後の8代将軍徳川吉宗(よしむね)に認められたというが疑わしい。16年(享保1)江戸に戻って普請(ふしん)奉行、翌17年町奉行に登用され、越前守(えちぜんのかみ)に改める。36年(元文1)旗本としてはまったく異例な寺社奉行に昇進、ついで奏者番(そうじゃばん)を兼ね、三河国西大平(にしおおひら)(愛知県岡崎市)に陣屋をもつ1万石の大名となる。
 忠相は名奉行として講談、落語、演劇などで有名であるが、その名裁判物語はほとんど彼の事績とは関係なく、中国やインドの故事、あるいは忠相以外の奉行の逸話などが彼の事績として集積、脚色されたものである。しかし忠相はその昇進の早さからみて、すでに吉宗以前からその才腕が認められていたと考えられる。享保(きょうほう)期(1716~36)の司法面の改革においても、審理の促進、公正化などに重要な役割を演じたばかりでなく、100万都市に膨張した江戸の行政官としても、防火、救貧、風俗問題や物価対策などと取り組み、さらに1722年から45年(延享2)まで地方(じかた)御用掛を兼務し、関東地方の幕領の経営や開発、治水工事などに尽力した。彼の性格は、逸話などでは機知に富み、人情味あふれた人物として描出されているが、その日記などを通じて推測するに、きわめてきちょうめんで勤勉かつ誠実な人物であったことが想像できる。また、その配下に国学者加藤枝直(えなお)、蘭学者(らんがくしゃ)青木昆陽(こんよう)、数学者野田文蔵、農政功者田中丘隅(きゅうぐ)、簑(みの)正高など多方面の識者を抱えていたことも注意を要する。宝暦(ほうれき)元年12月19日没。相模(さがみ)国高座(こうざ)郡堤村(神奈川県茅ヶ崎(ちがさき)市)浄見寺に葬られる。[辻 達也]
『辻達也著『大岡越前守』(中公新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の大岡忠相の言及

【大岡政談物】より

…歌舞伎,講談,人情噺,浪花節などで江戸南町奉行大岡越前守が登場する作品群をいう。大岡忠相は,享保年間(1716‐36)に町奉行をつとめ,名奉行の聞こえ高かった人物。幕末から明治にかけて実録本《大岡仁政録》その他の読物から,講談,人情噺が創作され,大岡越前守にはまるで関係のない物語(たとえば天一坊事件は大岡越前守ではなく,伊奈半左衛門が審議をした)もすべて大岡越前守の裁判として,膨大な作品群を形成するに至った。…

【大岡忠相日記】より

…大岡忠相の寺社奉行時代の日記。忠相自身がしたためたとされる〈自筆本〉が59冊,右筆が清書したとされる〈書写本〉が115冊ある。…

【享保改革】より

…第3期(1736‐45)は36年(元文1)5月元文金銀新鋳という貨幣政策転換を画期とし,37年勝手掛老中松平乗邑(のりさと),勘定奉行神尾春央(かんおはるひで)が登場し年貢増徴にあたった時期で,45年9月吉宗退隠,10月吉宗の内意もあり新将軍家重に乗邑が罷免されて終わる。
[法制整備と文化・社会政策]
 幕府の行政・司法は主として慣習や不文律で行われてきたが,42年(寛保2)評定所が判例を集め修正増補し《公事方(くじかた)御定書》,44年(延享1)幕府法令を類別編集し《御触書寛保集成》を編纂,町奉行所では大岡忠相(ただすけ)らが関係法令を集め立法過程を含め《享保撰要類集》を作った。御触書集成撰要類集はこれが例となって以後編纂が続けられた。…

【火消】より

…しかし町方の自衛消防組織である火消組合の設立は容易に進まなかった。1718年町奉行大岡忠相(ただすけ)は,各町名主が火消組合の組織化が防火対策の第一であると答申したことにもとづき,各町名主に町火消設置を命じ,出火の際は風上2町,風脇左右2町,計6町が1町30名ずつの人足を出し,消火に当たることとしたのである。しかしこの火消組合の地域割が適切でなく消防の効率も悪いという理由で,20年あらためて編成替えが行われた。…

※「大岡忠相」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大岡忠相の関連キーワード大平(愛知県の地名)大岡越前〈第6部〉大岡越前〈第8部〉大岡越前〈第9部〉大岡越前〈第7部〉伊呂波組町火消し享保撰要類集大岡忠相日記山内伊賀亮見沼代用水江戸町奉行大岡政談物消防制度大岡忠宜村井長庵撰要類集田中丘隅遠山景元大岡忠光加藤枝直

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大岡忠相の関連情報