コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊福部安道(読み)いおきべの やすみち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊福部安道 いおきべの-やすみち

?-? 平安時代前期の豪族。
石見(いわみ)(島根県)邇摩(にま)郡の大領(郡司)。元慶(がんぎょう)8年(884)那賀郡大領の久米岑雄(みねお)とともに,農民をひきいて石見守(かみ)上毛野氏永(かみつけのの-うじなが)をおそい印鑑・鍵・駅鈴をうばった。のち解任され,徒(ず)(懲役刑)2年に処された。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android