コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊福部安道 いおきべの やすみち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊福部安道 いおきべの-やすみち

?-? 平安時代前期の豪族。
石見(いわみ)(島根県)邇摩(にま)郡の大領(郡司)。元慶(がんぎょう)8年(884)那賀郡大領の久米岑雄(みねお)とともに,農民をひきいて石見守(かみ)上毛野氏永(かみつけのの-うじなが)をおそい印鑑・鍵・駅鈴をうばった。のち解任され,徒(ず)(懲役刑)2年に処された。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone