コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久米岑雄 くめの みねお

1件 の用語解説(久米岑雄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久米岑雄 くめの-みねお

?-? 平安時代前期の官吏。
石見(いわみ)(島根県)那賀(なか)郡の郡司(ぐんじ)。貞観(じょうがん)9年(867)権大領(ごんのたいりょう)のとき村部(むらべ)から本姓の久米連(むらじ)に復し,のち大領となる。元慶(がんぎょう)8年邇摩(にま)郡大領伊福部安道(いおきべの-やすみち)とともに農民217人をひきいて石見守(かみ)上毛野氏永(かみつけのの-うじなが)を襲撃,国守の印・かぎ・駅鈴をうばいとり,仁和(にんな)2年(886)贖銅(しょくどう)9斤(きん)の刑に処せられた。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone