コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久米岑雄 くめの みねお

1件 の用語解説(久米岑雄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久米岑雄 くめの-みねお

?-? 平安時代前期の官吏。
石見(いわみ)(島根県)那賀(なか)郡の郡司(ぐんじ)。貞観(じょうがん)9年(867)権大領(ごんのたいりょう)のとき村部(むらべ)から本姓の久米連(むらじ)に復し,のち大領となる。元慶(がんぎょう)8年邇摩(にま)郡大領伊福部安道(いおきべの-やすみち)とともに農民217人をひきいて石見守(かみ)上毛野氏永(かみつけのの-うじなが)を襲撃,国守の印・かぎ・駅鈴をうばいとり,仁和(にんな)2年(886)贖銅(しょくどう)9斤(きん)の刑に処せられた。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

久米岑雄の関連キーワード朝右王小野俊生紀東人讃岐永成讃岐当世平安典伴河男伴中庸藤原秋常藤原氏雄

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone