コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大領/衽 オオクビ

デジタル大辞泉の解説

おお‐くび〔おほ‐〕【大領/×衽】

袍(ほう)直衣(のうし)狩衣(かりぎぬ)などの前襟。おくび

たい‐りょう〔‐リヤウ〕【大領】

《「だいりょう」とも》
律令制で、郡司の長官。こおりのみやつこ。おおきみやつこ。
大国の領主。
天が下を掌握し、四海に羽打つ―なれど」〈浄・三日太平記〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

だいりょう【大領】

律令制で、郡の長官。こおりのみやつこ。 → 郡司

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の大領/衽の言及

【郡司】より

…律令国家の地方行政組織の基礎単位である郡の官人の総称。広義には長官・次官の大領(たいりよう)・少領(しようりよう)と書記にあたる主政(しゆせい)・主帳(しゆちよう)の四等官(正員)を意味する。狭義には大領・少領のみをいい,この場合は郡領(こおりのみやつこ)といった。…

※「大領/衽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

大領/衽の関連キーワードエッツェリーノ・ダ・ロマーノ加賀見山再岩藤他田日奉部神護田中広虫女伊治呰麻呂伊福部安道弟娘・乙娘宗形鳥麻呂社部訓麻呂依知秦永吉各務吉宗各務吉雄国持大名道嶋大楯出雲太田川辺豊穂尾張弟広墨書土器戦国大名大友黒主

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android