大領/衽(読み)オオクビ

デジタル大辞泉の解説

おお‐くび〔おほ‐〕【大領/×衽】

袍(ほう)直衣(のうし)狩衣(かりぎぬ)などの前襟おくび

たい‐りょう〔‐リヤウ〕【大領】

《「だいりょう」とも》
律令制で、郡司の長官。こおりのみやつこ。おおきみやつこ。
大国の領主。
天が下を掌握し、四海に羽打つ―なれど」〈浄・三日太平記〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

おおい‐みやつこ おほい‥【大領】

〘名〙 令制での各等級の郡の長官。こおりのみやつこ。おおきみやつこ。たいりょう。

おお‐みやつこ おほ‥【大領】

〘名〙 律令制の郡司(ぐんじ)の長官。少領、主政、主帳を指揮する。大郡、上郡、中郡に設置。おおのみやつこ。こおりのみやつこ。こおのみやつこ。→郡司
※書紀(720)天武元年七月(北野本訓)「高市郡の大(ヲホミヤツコ)高市県主(あがたぬし)許梅、儵忽(にはか)に口閉(くちつく)びて言(ものい)ふこと能はず」

たい‐りょう ‥リャウ【大領】

〘名〙 (「だいりょう」とも)
① 令制で、郡司の長官。在地の有力豪族を任用する。おおきみやつこ。こおりのみやつこ。郡司(ぐんじ)。〔令義解(718)〕
※今昔(1120頃か)二〇「武蔵の国、多麿の郡大領として、大伴の赤麿と云者有けり」
② 大国の領主。
※浄瑠璃・三日太平記(1767)松下住家「今天が下を掌握し、四海に羽打つ大領なれど、いまだ主従の縁切れねば、我為にはいつ迄も草履取の此下兵吉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の大領/衽の言及

【郡司】より

…律令国家の地方行政組織の基礎単位である郡の官人の総称。広義には長官・次官の大領(たいりよう)・少領(しようりよう)と書記にあたる主政(しゆせい)・主帳(しゆちよう)の四等官(正員)を意味する。狭義には大領・少領のみをいい,この場合は郡領(こおりのみやつこ)といった。…

※「大領/衽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android