コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伍廷芳 ごていほう Wǔ Tíng fāng

1件 の用語解説(伍廷芳の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ごていほう【伍廷芳 Wǔ Tíng fāng】

1842‐1922
中国近代の政治家,外交官。広東省新会県人。字は文爵,秩庸と号す。シンガポール生れ。イギリスに留学し香港で弁護士を開業,のち李鴻章の幕下に入り,駐米公使,外務次官を歴任。辛亥革命時には共和制に賛成し,革命政権代表として袁世凱との交渉を担当した。のち法相,外相,首相代理等を歴任,孫文の護法政府の外相をも務めた。親米英的傾向が強い。国民党政府の外相だった伍朝枢はその子息。【久保田 文次】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

伍廷芳の関連キーワードルート王寵恵石川忠雄潘基文山濤市古宙三信夫清三郎波多野善大坂野正高三谷太一郎

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone