コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伍廷芳 ごていほうWǔ Tíng fāng

世界大百科事典 第2版の解説

ごていほう【伍廷芳 Wǔ Tíng fāng】

1842‐1922
中国近代の政治家,外交官。広東省新会県人。字は文爵,秩庸と号す。シンガポール生れ。イギリスに留学し香港で弁護士を開業,のち李鴻章の幕下に入り,駐米公使,外務次官を歴任。辛亥革命時には共和制に賛成し,革命政権代表として袁世凱との交渉を担当した。のち法相,外相,首相代理等を歴任,孫文の護法政府の外相をも務めた。親米英的傾向が強い。国民党政府の外相だった伍朝枢はその子息。【久保田 文次】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

伍廷芳の関連キーワード島津保次郎ゴーゴリポー(Edgar Allan Poe)ワーグナー(Wilhelm Richard Wagner)アイルランド自由国帰山教正パステルナークブラジル文学ムルナウガウランド

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android