子息(読み)シソク

精選版 日本国語大辞典の解説

し‐そく【子息】

〘名〙 男の子ども。むすこ。また、男の子の敬称。多く、相手または話題になっている人の男の子どもをいうが、古くは女の子どもを含めていうこともある。
※今昔(1120頃か)一六「夫妻として、他の念无く棲ける程に、男女の子(あまた)生てけり」
※浮世草子・西鶴織留(1694)六「何ほど愚に生れ付たる子息(シソク)にても」 〔東観漢紀〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

子息の関連情報