コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

休屋 やすみや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

休屋
やすみや

青森県南部,十和田市の一地区。十和田湖南岸,十和田湖に突出した中山半島の基部に位置し,十和田湖観光の中心基地である。博物館,水族館,乙女の像,十和田神社,瞰湖台 (かんこだい) などをはじめ,旅館やみやげ品店も多く,湖上遊覧船が発着する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の休屋の言及

【十和田湖】より

…十和田八幡平国立公園に属し,周囲の山地はブナ,カエデ,ナラなどにおおわれ,紅葉の季節にはとくに観光客が多い。観光の中心は南岸にある休屋(やすみや)で,バスターミナルの広場を中心に旅館,食堂,みやげ品店が集まり,科学博物館や淡水魚水族館もある。休屋の北,御前ヶ浜には高村光太郎作の〈乙女の像〉があり,十和田湖のシンボルになっている。…

※「休屋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

休屋の関連キーワード青森県十和田市奥瀬十和田湖(湖)千少庵発荷峠宇樽部宿院

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

休屋の関連情報