十和田市(読み)とわだ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十和田〔市〕
とわだ

青森県南部,奥入瀬川上・中流域に位置する市。 1955年三本木町と大深内村,藤坂村の2村が合体,三本木市として市制。同年四和村と合体し十和田市と改称。 2005年十和田湖町と合体。北西端は八甲田山麓に伸び,南西端は十和田山麓まで広がっている。安政2 (1855) 年盛岡藩士,新渡戸伝 (にとべつとう) が私財を投じて稲生川を開削して奥入瀬川の水を引き入れ,三本木原の開拓に着手。のち約 100年をかけて,原野の水田化,畑地化が行なわれた。米,ジャガイモ,豆類を産するほか,乳牛の飼育が行なわれている。古くはウマの産地として知られ,大規模な馬市が開かれていた。市の西部は十和田八幡平国立公園に属し,十和田湖温泉郷などがあり観光の重点地となっている。市の中央部を国道4号線,45号線,102号線が通り,青森市,八戸市,弘前市の県内主要都市へ通じている。三沢市より十和田観光電鉄が通じる。面積 725.65km2。人口 6万3429(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ボヘミアン・ラプソディ(映画)

イギリス・米国の伝記映画。イギリスの人気ロックバンド・クイーンと、そのボーカルで1991年に45歳で死去したフレディ・マーキュリーの半生を描く。タイトルは同バンドが75年に発表したフレディ作の楽曲と同...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

十和田市の関連情報