乙女(読み)オトメ

デジタル大辞泉「乙女」の解説

おと‐め〔をと‐〕【乙女/少女】

《「おと」は、動詞「お(復)つ」と同語源で、若々しいの意。本来は「おとこ」に対する語。「乙」は後世の当て字》
年の若い女。また、未婚の女性。むすめ。しょうじょ。処女。「―の悩み」
「―壮士をとこの行き集ひかがふ嬥歌かがひに」〈・一七五九〉
五節の舞姫のこと。
「あまつ風雲の通ひ路吹きとぢよ―の姿しばしとどめむ」〈古今・雑上〉
(少女)源氏物語第21巻の巻名。夕霧元服、大学教育、雲井くもいかりとの恋、六条院の新築などを描く。
[類語]女の子女児女子少女子女ガールギャル小娘童女どうじょ乙女子おとめご女子おなごコギャルヤングミセスヤンママお嬢さん早乙女生娘おぼこ処女

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android