乙女/少女(読み)オトメ

デジタル大辞泉の解説

おと‐め〔をと‐〕【乙女/少女】

《「おと」は、動詞「お(復)つ」と同語源で、若々しいの意。本来は「おとこ」に対する語。「乙」は後世の当て字
年の若い女。また、未婚の女性。むすめ。しょうじょ。処女。「―の悩み」
「―壮士(をとこ)の行き集ひかがふ嬥歌(かがひ)に」〈・一七五九〉
五節の舞姫のこと。
「あまつ風雲の通ひ路吹きとぢよ―の姿しばしとどめむ」〈古今・雑上〉
(少女)源氏物語第21巻の巻名。夕霧元服、大学教育、雲井(くもい)の雁(かり)との恋、六条院の新築などを描く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android