乙女(読み)オトメ

  • おとめ〔をと〕
  • 乙女/▽少女

デジタル大辞泉の解説

《「おと」は、動詞「お(復)つ」と同語源で、若々しいの意。本来は「おとこ」に対する語。「乙」は後世当て字
年の若い女。また、未婚の女性。むすめ。しょうじょ。処女。「―の悩み」
「―壮士(をとこ)の行き集ひかがふ嬥歌(かがひ)に」〈・一七五九〉
五節の舞姫のこと。
「あまつ風雲の通ひ路吹きとぢよ―の姿しばしとどめむ」〈古今・雑上〉
(少女)源氏物語第21巻の巻名。夕霧元服、大学教育、雲井(くもい)の雁(かり)との恋、六条院の新築などを描く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

乙女の関連情報