十和田湖(読み)とわだこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十和田湖
とわだこ

青森県南部,十和田市南西部の旧町域。奥入瀬川上流域を占める。 1955年十和田町として町制秋田県にも同名の町があったことから 1975年十和田湖町と改称。 2005年十和田市と合体。大部分が山林,原野に覆われる。江戸時代は盛岡藩に属し,五戸代官によって管轄されていた。西半分が十和田八幡平国立公園の指定区域内にある。 1963年猿倉温泉から 12kmの引き湯工事を行ない,十和田湖温泉郷が誕生した。十和田湖温泉スキー場や湯の平高原がある。

十和田湖
とわだこ

青森,秋田県境にあるカルデラ湖。面積 61km2。周囲 46km,湖面標高 400m,最大水深 327m,透明度 9m。八甲田火山群の初期の活動による陥没で湖の輪郭が形成され,中央火口丘成立後2度目の陥没で中海が形成された。東岸の子ノ口 (ねのくち) から排水,奥入瀬川となって太平洋に注ぐ。湖岸をめぐる山々は,カルデラの外輪山にあたり,御鼻部山 (1011m) ,白地山 (1034m) などが連なる。湖面側は急崖をなし,外側斜面はカエデ,ブナ,マツなどの混合林がおおう。春の新緑,秋の紅葉が美しい。 1903年和井内貞行ヒメマス養殖に成功。南西岸に生出 (おいで) 養殖場がある。奥入瀬渓流を含めて特別名勝,天然記念物に指定されている。十和田八幡平国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

十和田湖【とわだこ】

青森・秋田両県にまたがる複式の大カルデラ湖で,活火山。標高400m,面積61.11km2,最深326.8m。南岸から新期カルデラ外輪山の一部が中山・御倉両半島をなして突出。美しい藍(あい)色を呈し,東岸子ノ口(ねのくち)から奥入瀬(おいらせ)川が流出する。古くから熊野信仰と結びついていたとされ,16世紀の記録には十湾とみえる。菅江真澄の《十曲湖》には大勢の参詣人が来て泊まり,精進にこもる建物があると記されている。十和田八幡平国立公園の中核をなし,紅葉期は特に美しい。南岸の休屋が湖畔観光の中心。
→関連項目カルデラ湖十和田[市]十和田湖[町]発荷峠

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とわだこ【十和田湖】

青森・秋田県境にある二重式カルデラ湖。面積59.8km2,湖面標高400m,湖周約44km,最大深度327m。湖の形成過程はまず現在の湖に中心をもつ成層火山の噴火による陥没で,現在のような輪郭がつくられ,次の活動期に中央火口丘の中心が陥没して中湖(なかのうみ)が生じた。湖の南岸から牛の角のように突出する二つの半島が中央火口丘にあたり,西が中山,東が円頂丘の御倉山(690m)である。湖の南半は両半島によって分けられ,東から東湖(外湖),中湖,西湖(内湖)とよばれ,北半は北湖とよばれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

とわだこ【十和田湖】

青森県と秋田県との県境の山中にあるカルデラ湖。湖面海抜401メートルにあり、面積60平方キロメートル。奥入瀬おいらせ川が湖沼水を排水する。十和田八幡平国立公園の一中心。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔青森県(秋田県)〕十和田湖(とわだこ)


青森・秋田県境にある二重式カルデラ湖。面積61.0km2。最大水深326.8mで、田沢(たざわ)湖・支笏(しこつ)湖に次ぎ日本第3位。十和田八幡平(はちまんたい)国立公園の中心地の一つ。火口丘群の再陥没でできた御倉(おぐら)・中山(なかやま)両半島が南岸に突出し、湖面の南半部を東(ひがし)湖(外湖(そとうみ))・中(なか)湖・西(にし)湖(内湖(うちうみ))に3分割する。東岸の子ノ口(ねのくち)から奥入瀬(おいらせ)川が流出する。中山半島基部の休屋(やすみや)は遊覧船・バス交通の発着点。東岸の子ノ口は奥入瀬渓流探訪の入り口をなす。瞰湖台(かんこだい)や北岸の御鼻部(おはなべ)山、南西岸の発荷(はっか)峠は湖水を眼下に見下ろす展望地。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

十和田湖の関連情報