休所(読み)きゅうしょ

精選版 日本国語大辞典の解説

きゅう‐しょ キウ‥【休所】

庭訓往来(1394‐1428頃)「菴室休所者、先仮葺也」

やすめ‐どころ【休所】

〘名〙
① 休めるところ。休ませる場所。休憩所。
※俳諧・猿蓑(1691)六「細脛のやすめ処や夏のやま〈珍碩〉」
② 短歌の第三句。
※源氏(1001‐14頃)玉鬘「あだ人といふ五文字をやすめところに打ちおきて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

休所の関連情報