短歌(読み)たんか

百科事典マイペディア「短歌」の解説

短歌【たんか】

詩歌の一形態。5・7・5・7・7の531音からなり,〈三十一字〉〈三十一文字(みそひともじ)〉とも呼ばれた。長歌旋頭歌(せどうか)とともに古く,記紀歌謡にみられ,つづいて盛んな万葉時代を迎えた。以後,勅撰集などを中心として展開してきた貴族たちの歌壇,中世・近世の武家の歌文の世界の中心的な型として,長い歴史と伝統を誇って現代に伝えられている。平安以後長歌や旋頭歌は衰え,漢詩に対する倭歌(やまとうた)を短歌が代表するようになり,和歌といえば短歌形式をさすようになったが,明治以後再び短歌という呼び方が一般的になった。1880年ころから西欧詩の影響で末松謙澄らの和歌改良論が起こり,浅香(あさか)社や《心の花》などの新派和歌運動が堂上,桂園,江戸の各旧派を否定,1899年には根岸短歌会新詩社が成立し,前者は《アララギ》に継承され,後者は《明星》によって活躍した。これらの中から明治末の生活派短歌,大正中期以後の社会主義短歌や昭和のプロレタリア短歌も生まれ,自由律の運動も起こった。
→関連項目歌合大伴坂上郎女笠金村狂歌定型反歌貧窮問答歌連歌

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラス「短歌」の解説

短歌

株式会社KADOKAWAが発行する趣味・専門誌。短歌に関する情報を紹介。毎月25日発売。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「短歌」の解説

短歌
たんか

和歌の一形式。長歌の対。5・7・5・7・7の各音を有する5句で構成される。合計 31字であるので,「みそひともじ」ともいう。初句 (第1句) から第3句までを上 (かみ) の句または本 (もと) ,第4,5句を下 (しも) の句または末 (すえ) と呼ぶ。起源については,長歌の終りが独立したという見方,旋頭歌 (せどうか) の第3句が省略されて生れたという考え方,そのほかがある。長歌形式とともに,記紀歌謡にも多く見出される。『万葉集』の歌人では,山部赤人,大伴旅人などが短歌で本領を発揮した。柿本人麻呂によって長歌が完成の極に達し,以後衰微するのに対し,短歌は以後も変らず詠み続けられ,平安時代以後,和歌といえばほとんどの場合短歌を意味するようになった。また上の句下の句とを2人で分けて詠むことから連歌が起った。これは平安時代には和歌の一形態と考えられていたが,中世に入ってジャンルとして独立した。近代短歌のなかには,31音の定型にこだわらない自由律短歌も試みられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「短歌」の解説

たん‐か【短歌】

〘名〙
① 和歌の一体。長歌に対して、五七五七七の五句から成るもの。みそひともじ。みじかうた。
※万葉(8C後)二〇・四四七一・題詞「冬十一月五日夜、小雷起鳴、雪落覆庭、忽懐感憐、聊作短歌一首」
② 主として中世歌学において長歌の誤称。
※俊頼髄脳(1115頃)「次に短歌といへるものあり。それは五文字・七文字とつづけて、わがいはまほしき事のある限りはいくらとも定めずいひつづけて、はてに七文字を例の歌のやうに二つつづくるなり」
③ みじかい詩。
※空華集(1359‐68頃)六「詩帯岷峨気、学兼洙泗文、短歌蒙拊撃、蕪語辱鋤斤」 〔魏文帝‐燕歌行〕
[補注](②について) 「古今和歌集」の諸本で、巻第一九雑体の始めにある長歌に「短歌」と記されている。古今集を絶対視する考えから、これを正しいものとして、中世歌学では長歌を短歌、短歌を長歌と呼ぶ説が行なわれたもの。

みじか‐うた【短歌】

〘名〙 和歌の一体、短歌(たんか)をいう。また、主として、中世歌学において長歌(ちょうか)の誤称。
※俊頼髄脳(1115頃)「ことばのみじかき故に、みじか歌とはいふなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「短歌」の解説

たん‐か【短歌】

和歌の一体。五・七・五・七・七の5句31音からなる歌。発生については諸説あるが、万葉時代には成立し、平安時代以降、長歌・旋頭歌(せどうか)などがほとんど作られなくなり、和歌といえば短歌をさすようになった。みそひともじ。みじかうた。→長歌

みじか‐うた【短歌】

たんか(短歌)」に同じ。⇔長歌(ながうた)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「短歌」の解説

たんか【短歌】

俳句とともに日本の伝統的詩歌を代表する5拍7拍5拍7拍7拍の,5句31拍からなる詩。7世紀に成立し,1300年を経た今日もなお多くの支持を得ているきわめて長命な詩である。連歌,俳句を生み出しただけではなく,仏教とも深くかかわりを持ち,さらに謡曲歌舞伎などにも深い影響を及ぼした。その意味で,文学史の中だけではなく,文化史,芸能史などへも広く深く影響を及ぼした独自な歴史を持つ。
呼称
 〈短歌〉は,31拍からなるために俗に〈三十一文字(みそひともじ)〉とも称せられ,〈みじかうた〉と呼ばれることもあった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の短歌の言及

【短歌】より

…その意味で,文学史の中だけではなく,文化史,芸能史などへも広く深く影響を及ぼした独自な歴史を持つ。
[呼称]
 〈短歌〉は,31拍からなるために俗に〈三十一文字(みそひともじ)〉とも称せられ,〈みじかうた〉と呼ばれることもあった。さらに〈敷島(しきしま)の道も盛りにおこりにおこりて〉(《千載集》序)とあるように〈敷島の道〉と呼ばれもした。…

※「短歌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android