コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

休眠打破 きゅうみんだは breaking of dormancy

1件 の用語解説(休眠打破の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

休眠打破

桜は夏に翌春咲く花芽を形成する。いったん休眠に入った花芽が、冬季に一定期間低温にさらされ休眠から覚めること。その後の気温上昇と共に花芽は成長して開花に至る。冬暖かすぎると春先の気温が高くても開花が遅れることがある。桜の開花予報の大きなポイント

(饒村曜 和歌山気象台長 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

休眠打破の関連キーワード原腸光周性配偶子形成春花初花翌春骨形成細胞子嚢菌斑点病(バミューダグラス)褐条葉枯病(バミューダグラス)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

休眠打破の関連情報