コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

休眠打破 きゅうみんだはbreaking of dormancy

知恵蔵の解説

休眠打破

桜は夏に翌春咲く花芽を形成する。いったん休眠に入った花芽が、冬季に一定期間低温にさらされ休眠から覚めること。その後の気温上昇と共に花芽は成長して開花に至る。冬暖かすぎると春先の気温が高くても開花が遅れることがある。桜の開花予報の大きなポイント。

(饒村曜 和歌山気象台長 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きゅうみん‐だは〔キウミン‐〕【休眠打破】

休眠状態にある種子冬芽球根などが、ある特定刺激を受けたのち、活動状態になること。サクラの開花には、冬期に一定期間低温にさらされる必要があることが知られる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

休眠打破の関連キーワードエチレン(植物ホルモン)ベンジルアデニン植物ホルモンジベレリン

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

休眠打破の関連情報