コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

会本 エホン

デジタル大辞泉の解説

え‐ほん〔ヱ‐〕【会本】

仏教関係の書物で、本文とは別に作られた注釈書の各部分を、本文と対照させて1冊にしたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の会本の言及

【春画】より

…男女の秘戯を描いた絵。古くは〈おそくず(偃息図)の絵〉〈おこえ(痴絵,烏滸絵)〉といい,〈枕絵〉〈枕草紙〉〈勝絵(かちえ)〉〈会本(えほん)〉〈艶本(えんぽん)〉〈秘画〉〈秘戯画〉〈ワじるし(印)〉〈笑い絵〉などともいう。あからさまな秘戯の図ではなく,入浴の場面など女性の裸体を見せる好色的な絵は,別に〈あぶな絵〉と称して区別している。…

※「会本」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

会本の関連キーワード国際保健体育・レクリエーション・スポーツ・ダンス学会環境と開発に関する世界委員会ウォーターゲート事件海底軍事利用禁止条約レーク・サクセス国連人権理事会核実験停止会議聖園テレジア赤穂義人纂書歌舞伎年代記社会実在論天理[市]小川金之助神江 恒雄社会名目論ローザンヌ常任委員会日本大蔵経松会三四郎高見 之通

会本の関連情報