コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

会津みしらず柿

デジタル大辞泉プラスの解説

会津みしらず柿

福島県会津若松市で生産されるカキ渋柿。脱渋後の甘みは強く、果肉は歯ざわりがよく、皇室にも献上される良品質の柿で、古くから同地で栽培されている。みしらずの名称の由来は、会津藩主が将軍に献上したところ「このように美味しい柿は今までに見知ったことがない」と賞賛されたことから、自分の枝を折ってしまうほどたわたに実をつけることから、わが身を忘れて食べ過ぎてしまうほど美味しいことから、などいくつかの説がある。「身不知柿」の表記もある。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

会津みしらず柿の関連キーワード福島県会津若松市

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

会津みしらず柿の関連情報