コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渋柿 しぶがき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

渋柿
しぶがき

1巻。編者,成立年代未詳。次の4つを収める。 (1) 『明恵上人伝』 明恵の伝記と,彼と鎌倉幕府の執権北条泰時とのエピソードを記したもの。 (2) 『文覚上人消息』 文覚が将軍源頼朝にあてた書状。 (3) 『頼朝佐々木被下状』 建久2 (1191) 年閏 12月 28日付,頼朝が佐々木定綱にあてた書状。定綱の子定重の死を弔ったもの。 (4) 『泰時御消息』 北条泰時が京都六波羅在住の子時氏にあてた書状。武士としての心構えを説いたもの。『群書類従』所収。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しぶ‐がき【渋柿】

《古くは「しぶかき」とも》実が赤く熟しても渋みの抜けないさわし柿干し柿にして食用、また、柿渋原料とする。 秋》「―の滅法生りし愚かさよ/たかし
[補説]書名別項。→渋柿

しぶがき【渋柿】[書名]

日本の俳句雑誌。大正4年(1915)、松根東洋城の主宰により創刊。昭和27年(1952)から昭和51年(1976)までは門下の野村喜舟が主宰。以後も主宰者を変更しながら現在まで刊行が続く。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しぶがき【渋柿】

鎌倉時代の説話,書状4種を収録した一種の教訓書。編者未詳。応仁(1467‐69)以降,室町時代末ごろの成立。(1)明恵上人伝,(2)文覚上人消息(将軍源頼家あて,正治2年(1200)正月ごろ),(3)(源)頼朝佐々木被下状(近江守護佐々木定綱あて,建久2年(1191)閏12月28日),(4)(北条)泰時御消息(子息六波羅北方探題北条時氏あて,安貞2‐寛喜2年(1228‐30)正月17日)の4種。(1)は明恵上人伝より泰時関係説話を抄録したもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しぶがき【渋柿】

柿の品種のうち、実が熟しても甘くならず、味の渋いもの。醂さわしたり干したりして渋を抜いて食用とする。また、柿渋を採る原料とする。 [季] 秋。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

渋柿
しぶがき

「明恵上人(みょうえしょうにん)伝」「文覚(もんがく)上人消息」「頼朝佐々木被下状(よりともささきにくださるるのじょう)」「泰時(やすとき)御消息」の4編を収める教訓書。1巻。編者、成立年代ともに不明。『群書類従』に収められている。書名は、本書の内容と無関係で、明恵上人伝中の「聖賢の詞不可疑(しふかぎ)」云々(うんぬん)とあるによる。明恵伝は、明恵と北条泰時との逸事を記したもので、明恵の仏教者としての高潔な人格を説き、文覚消息は源頼家(よりいえ)に奉った書状で治国の要道を説き、頼朝状は、子を失った臣佐々木定綱(さだつな)への教喩(きょうゆ)を内容とし、泰時消息は武士の心構えを説いている。[森田 悌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の渋柿の言及

【カキ(柿)】より


[品種]
 品種数はすこぶる多く800以上といわれ,果実の形状も大きさも変化に富んでいるが,営利栽培に適するものは多くない。甘柿と渋柿に大別され,さらに渋の抜けかたにより,完全甘柿と不完全甘柿,完全渋柿と不完全渋柿に分けられる(表参照)。ただし不完全渋柿である平核無(ひらたねなし)にはふつう種子がないので果肉に褐斑がなく,品質が優秀で渋柿の代表品種となっている。…

【柿渋】より

…渋柿から得られる防腐性の液で塗料,染料に用いられる。製法は渋みの強い柿を臼でつき,それを樽詰めにして,冷暗所に蓋をして静置すると,発酵し泡立つ。…

※「渋柿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

渋柿の関連キーワード徳永 山冬子燻べ柿・燻柿会津身知らず松根 東洋城甘干し・甘干柿渋塗装吊るし柿刀根早生天草一揆柿渋の日鎌倉時代衣文柿醂し柿樽抜き雲然柿柿羊羹愛宕柿俳諧道甘干し渋抜き

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

渋柿の関連情報