コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

低クロール血症 ていクロールけっしょうhypochloremia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

低クロール血症
ていクロールけっしょう
hypochloremia

低塩素血症ともいう。血清中のクロール濃度が正常値 (95mEq/l) 以下になった状態。胃液腸液の喪失を伴う胃腸疾患,塩分喪失を伴う腎不全利尿剤の過剰投与,肺気腫,糖尿病性アシドーシス,過剰発汗,副腎皮質機能亢進症,代謝性アルカローシスなどでみられる。原疾患を治療するとともに,利尿剤の投与中止,食塩の補給を行う。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android