喪失(読み)ソウシツ

  • そうしつ サウ‥
  • そうしつ〔サウ〕
  • 書名

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)うしなうこと。多く抽象的な事柄についていう。「資格を喪失する」「権威喪失」「記憶喪失
[補説]書名別項。→喪失
庄司薫短編小説本名の福田章二名義で発表。東京大学在学中の昭和33年(1958)に機関誌「駒場文学」に発表した「白い瑕瑾」を改稿・改題したもの。同年、第3回中央公論新人賞受賞。昭和34年(1959)、同作ほか全3作を収めた同名の小説集を刊行

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 失うこと。現代では主として、抽象的な事柄についていう。
※正法眼蔵(1231‐53)行持「たとひ身命を喪失せしめずといふとも、真父の宝財なげすつべきにあらず」
※民法(明治二九年)(1896)七条「心神喪失の常況に在る者」
※普賢(1936)〈石川淳〉一二「今やわたしはそつのない語り手である資格を喪失してゐるのだ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ロジ担

《「ロジ」は「ロジスティクス」の略。「後方支援担当」の意》日本の外務省で、国際会議などの舞台裏の庶務担当者をいう。政府首脳の外国訪問の際の宿舎、乗り物の手配なども担当する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

喪失の関連情報