喪失(読み)ソウシツ

デジタル大辞泉の解説

そう‐しつ〔サウ‐〕【喪失】

[名](スル)うしなうこと。多く抽象的な事柄についていう。「資格を喪失する」「権威喪失」「記憶喪失
[補説]書名別項。→喪失

そうしつ【喪失】[書名]

庄司薫短編小説。本名の福田章二名義で発表。東京大学在学中の昭和33年(1958)に機関誌「駒場文学」に発表した「白い瑕瑾」を改稿・改題したもの。同年、第3回中央公論新人賞受賞。昭和34年(1959)、同作ほか全3作を収めた同名の小説集を刊行。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

そう‐しつ サウ‥【喪失】

〘名〙 失うこと。現代では主として、抽象的な事柄についていう。
※正法眼蔵(1231‐53)行持「たとひ身命を喪失せしめずといふとも、真父の宝財なげすつべきにあらず」
※民法(明治二九年)(1896)七条「心神喪失の常況に在る者」
※普賢(1936)〈石川淳〉一二「今やわたしはそつのない語り手である資格を喪失してゐるのだ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

喪失の関連情報