コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

低層住居専用地域 テイソウジュウキョセンヨウチイキ

デジタル大辞泉の解説

ていそうじゅうきょ‐せんようちいき〔テイソウヂユウキヨセンヨウチヰキ〕【低層住居専用地域】

低層住宅の住居環境を保護するために、都市計画法により定められた用途地域の区分の一種。第一種低層住居専用地域第二種低層住居専用地域がある。
[補説]平成4年(1992)改正前の都市計画法では「第一種住居専用地域」に区分されていた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

低層住居専用地域の関連キーワード特例容積率適用地区絶対高さ制限建築審査会建築基準法北側斜線住居地域建坪率建蔽率

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android