コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

第一種低層住居専用地域 ダイイッシュテイソウジュウキョセンヨウチイキ

デジタル大辞泉の解説

だいいっしゅ‐ていそうじゅうきょせんようちいき〔‐テイソウヂユウキヨセンヨウチヰキ〕【第一種低層住居専用地域】

都市計画法で定められた用途地域の一。低層住宅の良好な住居環境を保護するために定められる地域。住宅のほか、診療所・小中学校・日常生活に必要な50平方メートル以下の店舗併用住宅が建築できる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

リフォーム用語集の解説

第一種低層住居専用地域

都市計画法上、都市計画区域に適用される用途地域の一つで、低層住宅の良好な住環境を保護するために定められた地域。建築基準法では同地域に建築できる建物用途が規定されており、店舗は店舗併用住宅のみが建築できる。また、建物の最高高さや外壁後退距離に制限がある。→用途地域

出典|リフォーム ホームプロリフォーム用語集について | 情報

第一種低層住居専用地域の関連キーワード特例容積率適用地区低層住居専用地域住居地域

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

第一種低層住居専用地域の関連情報