コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

低硫黄原油 ていいおうげんゆ low-sulfur oil

1件 の用語解説(低硫黄原油の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

低硫黄原油
ていいおうげんゆ
low-sulfur oil

硫黄分の少い原油。硫黄分 0.1%程度の低硫黄原油はミナス,ナイジェリアおよびマーバンの原油などに限られているが,輸入の拡大と重油脱硫能力の急速な向上により,1991年には日本国内重油の平均含有量は 1.2%へと大きく下がって,供給面での問題は小さくなった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の低硫黄原油の言及

【原油】より

… さらに原油を硫黄含有量の大小によって分類することもある。日本では,便宜上,硫黄分2%(重量)以上のものを高硫黄原油,1~2%のものを中硫黄原油,1%以下のものを低硫黄原油としている。また硫化水素やメルカプタンなどの臭気や腐食性の強い硫黄化合物をとくに多く含む原油をサワー原油sour crudeと呼ぶことがある。…

※「低硫黄原油」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

低硫黄原油の関連キーワード硫黄泉常磐炭田硫黄華鵜の目硫黄自然硫黄ハイサルファ原油ローサルファ原油割卵卵黄分離機高硫黄原油中硫黄原油

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone