コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

低硫黄原油 ていいおうげんゆlow-sulfur oil

1件 の用語解説(低硫黄原油の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

低硫黄原油
ていいおうげんゆ
low-sulfur oil

硫黄分の少い原油。硫黄分 0.1%程度の低硫黄原油はミナス,ナイジェリアおよびマーバンの原油などに限られているが,輸入の拡大と重油脱硫能力の急速な向上により,1991年には日本国内重油の平均含有量は 1.2%へと大きく下がって,供給面での問題は小さくなった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の低硫黄原油の言及

【原油】より

… さらに原油を硫黄含有量の大小によって分類することもある。日本では,便宜上,硫黄分2%(重量)以上のものを高硫黄原油,1~2%のものを中硫黄原油,1%以下のものを低硫黄原油としている。また硫化水素やメルカプタンなどの臭気や腐食性の強い硫黄化合物をとくに多く含む原油をサワー原油sour crudeと呼ぶことがある。…

※「低硫黄原油」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone