コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

低開発国 テイカイハツコク

世界大百科事典内の低開発国の言及

【発展途上国】より

…発展途上国という言葉が生まれたのは1960年代に入ってのことである。それ以前は,〈後進国backward countries〉〈低開発国under‐developed countries,less‐developed countries〉という言葉がおもに〈先進国developed countries,advanced countries〉では通常用いられていた。しかし,旧植民地・保護領の独立増大とともに,これら新興国は後進国,低開発国など価値判断を内包した言葉をきらい,1962年,非同盟諸国の首唱の下に〈発展途上国の経済開発会議〉をカイロで開き,それ以降,発展途上国もしくは開発途上国の呼名が定着することになった。…

※「低開発国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

低開発国の関連キーワードジョン・トーマス ダンロップE.ロバート ブラックラテンアメリカ統合連合ウォーラーステイン国際収支発展段階説アジア経済協力機構ヘルマン アブス社会発展段階説啓蒙専制主義発展途上国所得再分配対外援助産業革命LDCDLFミント

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

低開発国の関連情報